2008年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.04.09 (Wed)

マズラー犬

みなさまの暖かいコメントにたいへん感謝しております。
ご心配おかけしておりますが、開腹手術から1週間
おかげさまで本犬はどんどん回復しております。
(あら、ダジャレだわ。)

特に食欲はすっかり元通りです。
相変わらず 食事の時間だけには正確で
その頃になると、キッチンカウンターのところに
座り込みをはじめます。

しかし、まだドロドロとした食べ物しかもらえず
おやつや、おしっこした後のごほうびも
いっさいもらえないので 食事と散歩の時間以外は
ふてくされて ひたすら寝て過ごしています。

2008_04_afterope1.jpg


お散歩も退院後2日からは 再開しました。
そして、これからの散歩のお供は・・・

2008_04_afterope2.jpg


そう。毒ガスマスク かのような、コレです。
本当の名前は 何て言うんでしょうね? 
口輪? マズル? マズルガード? マズルネット??

ま、とにかく これをつけて散歩するようにしました。
かわいそうですが、拾い食い防止にはこれしかありません。

初めはちょっといやがったのですが
「ボス、すっごいカワイイ~♪ うわぁ~ステキぃ~」
と黄色い声を出しながら 装着すると

「あ、そう?? ボク そんなにカワイイ??」

と下向きながらも、パタパタと尻尾を降って
おとなしく装着させてくれます。 単純なヤツでいがったです。

公園を歩いていると、
「あら、ワンちゃん 病気?」 とか
「かみつき防止かい?」 とか いろいろ聞かれるので
若干応対が面倒ですが、

それ以外は 私は 非常に楽 になりました。
これまでは、散歩のときはボスが拾い食いしないか
全く気が抜けませんでしたから。

今日も 鼻でコロコロ何かを転がしているので
なんだろうと思って見てみたら・・・

鳥の骨 でした。

手術後すぐのお腹に、これが入っていくことを考えたら
ぞぞぉぉぉぉ。

さっそく命拾いしました。

拾い食いできなくなったのは、本当にブラボーなんですが
この装置、問題がないわけではありません。

暑くなってきたときに、舌を出して はぁはぁができないのです。
体温調整できないのは かなりの問題ですよね。

そんなわけで、
舌が出せて 水が飲めるけど 口が開かない
拾い食い防止装置


そんな 素晴らしいものをご存知の方がいらっしゃったら
是非 教えてください。




スポンサーサイト
22:27  |  ボス  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

2008.04.05 (Sat)

入院そして・・・

みなみなさま。 大変おひさしゅうございます。
ブログをさぼって 早 1ヶ月以上が経過してしまった 驚愕の事実

この間にもお立ち寄りくださったみなさま。大変、大変申し訳ありませんでした!

しかも、こんな状態にも かかわらず、トウキョウコーヒー もとい
登校拒否状態の私を迎えに来てくださった masa さん、しおまんさん
ありがとうございました。 大変うれしかったです (号泣)


さて、ブログを書かない日々が当たり前のようになってきていたのですが
そうも言ってられない 大事件 が発生いたしまして・・・

2008_04_ope1.jpg

↑ これは、事件発生前日の 「嵐の前の静けさ」 のとき。


なんと、我が家の ぼしぼし君。 緊急手術&入院 しておりました。

余計なご心配をかけるといけないので、先に言っておきますが
本犬、術後の経過も良く、今日は短い散歩にも行きましたので、ご安心を。


経過をたどると、月曜日に 午後辺りから突然具合が悪くなりまして
とは言っても、吐くでもなく、下痢をするでもなく、でも、非常に気分が悪そうなのです。
一晩様子を見たのですが、夜も良く眠れない様子だったので
次の日すぐに 大学病院に連れて行きました。

病院では、血液検査、レントゲン、エコー検査を行った結果

小腸に異物 らしきものがある との診断でした。

そして、その日のうちに開腹手術をしました。
ボスは心臓に重篤な問題があるため、麻酔使用のリスクが
普通のワンコより高いと前々から言われていたので
心配していたのですが、無事に乗り切ってくれました。

執刀してくださった先生によると 小腸に詰まっていたのは・・・
なんと トウモロコシの芯 でした。

2008_04_ope3.jpg

これが 術後に記念にもらった ふんづまり品です。
お見苦しいので モザイクかけさせていただきました。

トウモロコシ(北海道弁では“とうきび”)なんて、当然与えてませんし
拾い食いの現場も目撃してはいないのですが
この時期、去年のゴミが溶けた雪の中から出てくるので
散歩中に、私の目を盗んで食べたのでしょう。

あれだけ、いつも気をつけていたのに・・・
怒られる事はわかっているので
拾い食いのときだけは、シンジラレナイ速さで動く奴です。

ともあれ手術は無事成功し、念のため大学病院で2泊したあと
家に戻ってきました。

そして、これが手術の跡。 ひぃぃ。
フランケンっぽい縫合の跡が痛々しくて
わたくし、最初は直視できませんでした。

2008_04_ope4.jpg


ボスにしてみれば、もちろん手術は生まれて初めてですが
私達と離れた場所に宿泊するのも初めてだったので
だいぶこたえたのでしょうね。帰って来た日は、ほぼ一日寝続けてました。

2008_04_ope2.jpg


そんなボスもかわいそうですが、わたしたちもかなりかわいそうです。

なんてったって、手術+入院+薬+療養食で かかった費用が

16万円強。

拾い食いした犬と、それを阻止できなかった飼い主で
痛み分けでしょうか。 とほほほほ~。

2008_04_ope5.jpg


・・・などと、前後関係を理解してくれているハズもなく。


現在ボスはといえば、まだ流動食しか食べられないのですが
胃はいたって健康なので、普通におなかがすくらしく
ごはんくれ、おやつはどうした とアピールがすごくなってきました。

うざい 反面 ここまで 復活してくれて
ほんとに良かったと 胸をなでおろしています。

みなさまも、私に言われたくないとは思いますけど
どうぞ 愛犬の拾い食いにはご注意くださいませ。

特に、バセの食い意地は ハンパじゃなく
デフォルトの姿勢で 鼻先が地面にくっついてますし
しかも垂れ耳と 垂れ唇 で隠しながら食べるので
始末に終えないときています。

早速、今日からは散歩のときに口輪をつけることにしました。

こんな思いは二度としたくないし、させたくないですので。




テーマ : バセット・ハウンド - ジャンル : ペット

22:31  |  日常  |  TB(0)  |  CM(28)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。